HOME  >  企業情報  >  代表メッセージ

代表メッセージ

情報ネットワークを創造・活用し、​

地域医療格差ゼロを目指します。

現在、医師の地域偏在や診療科偏在が深刻化し、主に地方の病院は窮地に立たされている事は周知の事実かと思います。また、地域医療を支えるクリニックも都市部に集中し、都市部では過度な競争が起こっていたり、地方では1箇所のクリニックに患者が集中するなど、より問題は深刻化していると感じています。

2004年より現行の医師臨床研修制度が導入され、見えない縛りから、医師は自由に自分の進路を決めていける時代になりました。医局が中心だった医療の考え方が一気に個人へ委譲される形になり、最もマンパワーに頼っている大学病院から人がどんどん流出し、本来、医療の中心である大学病院の力はどんどんそぎ落とされています。


大学病院は診療、教育、研究の中心機関ですが、大学病院の経営を考えた際、やはり中心は診療となります。マンパワーが診療中心になっていくと、教育や研究の時間は無くなってきます。教育や研究は、今、成果が出なくても、今後の医療の発展や未来を創っていくものです。現在は良くても、教育、研究に力を入れて行かないと未来は明るいモノになりません。

また、医師や看護師の人材不足に対して、医療系の人材紹介業者が利用されています。紹介業者は医師・看護師や病院の立場に立って人を紹介していきますが、そもそも、その医師や看護師は誰が教育し、育てた方々なのでしょうか。人材紹介会社に医師や看護師の教育が出来るのでしょうか。木に実を付ける事から始め、大切に育ててきた果実を一番良い時期に引き抜いていく、など、人材紹介会社はあくまで、企業ですから、売り上げが一番となります。その様な人材紹介会社が地域格差を是正していく中心になってよいのでしょうか。地域医療格差を無くしていくのは、国や病院などの医療機関が主人公であるべきと考えています。
ただ、それには、病院もまだまだ未成熟な部分もあると思います。事務はあくまで事務を行う所であり、一般的な企業だと、経営を考える部署ではありません、また、システム部はホームページを作る部署では無く、あくまでシステムを管理する部署です。医師や看護師の人事部や病院の広報室などもしっかりあるところは少なく、予算も割かれていません。今後はしっかりした医療を行うために、病院自体で採用の活動やブランディングを作っていく事を行っていかなくてはなりません。

私たちは、学会運営や、医療機関のWEBサイトを制作する仕事の中で、弊社が第3者として関わる事で、医療機関を中心とした、医師や看護師の招聘、大学病院を中心としたネットワーク作り、医療機関のブランディングによる売り上げの向上など、様々なことを行うことが出来ると考えています。
またそれには、同じベクトルを向いている業者様とも連携し、より良い医療を作れればと考えています。

代表取締役:安岡 俊雅

​代表経歴

1975年⽣まれ。神奈川県相模原市出⾝。

東京農⼯⼤学農学部に⼊学。卒業後、⼩野薬品⼯業株式会社に⼊社。

約8年間MRに従事した後、2006年5⽉に株式会社DEPOCを設⽴。専務取締役就任。

⼀般企業・医療機関のデザイン・広告、医学会の運営をメインとした事業を展開。

2019年6⽉、事業を医療中⼼に舵を切るタイミングで、株式会社DEPOC代表取締役に就任。

一児のパパとしても活躍しています。

麻酔科医の妻と子育てに奮闘中。プライベートでも女性医師の働き方について、毎晩ディスカッションしています。

趣味のゴルフも最近は子育てに変わり、休日は家族と過ごしています。

© DEPOC Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(文書・写真・映像)は、著作権法、関連条約・法律で保護されています。

これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用等する事は法律で禁止されています。

株式会社DEPOC 本社

〒222-0033

神奈川県横浜市港北区新横浜2-13-6第一K・Sビル5階

tel. 045-471-0560/営業時間 09:30~16:30(土日祝日除く)

東京スタジオ/DEPOC TOKYO STUDIO

〒154-0001

東京都世田谷区池尻4-29-16 ヴィラヴィスタ102